キャリア育成

社員自らのキャリア開発を促し、意欲ある行動につなげます。
企業の業績を左右するのは、「人」です。会社の繁栄と収益は、人の行動から生み出されます。
従業員がやる気を出したならば、仕事に燃えたならば、創造力を発揮したならば、
「業績はあがるのに」と思われる経営者は多いはず。

自社の事業を伸ばすためには、人材を強化することが必要です。
そのためには、会社はどうあって欲しいか、個人はどうありたいのかという目標設定を行い、
行動計画を立て、実行評価していくプロセスを現実的、挑戦的に行動に移すことが重要です。
キャリアコンサルティングによって、社員自らのキャリア開発を促し、
自己理解と目標設定を深め意欲ある行動につなげます。

キャリア育成研修

一連の P(PLAN)D(DO)C(CHECK) → A(ACTION) の活動をいかに実行するかは、企業活動を左右する重要な要素です。 その前提となる挑戦的「目標設定」を社員自らが行い、 熱意をもって推進する「人材」を育成・強化導入研修をご提案致します。

研修カリキュラム基本的フロー(一例)


成功意識の開発(講義)、個人特性分析実施、潜在能力の発見(気づかない自分発見)

個人特性分析の解説
・性格、パーソナリティ ・興味領域と関心事 ・職場での社会性 ・意欲、ヤル気 (個人毎カウンセリング)

個人特性分析をうけて、個人目標設定・組織(企業)目標設定と調和
・自己の長所と弱点認識・問題点の把握、整理 
・能力の伸長と弱点克服・・・個人目標設定
・自分の働く職場をどうしたいのか(経営的視点)・・・組織(企業)目標設定

目標設定と具体的行動計画の立案/自己宣言
・具体的目標と行動計画・期限設定(個人、組織にとってのゴール、短期・中長期)
・計画発表/自己宣言

行動計画を支えるチームサポート体制・支援策
・具体的行動計画に対する参加メンバーの意見・激励
・個人行動計画を支える参加メンバーの支援策立案/発表
・推進アセスメント ・・・研修の整理/計画リスト・達成度評価リスト作成と運用管理の決定

フローに基づき、企業・組織の状況/環境に適合したカリキュラムを作成。
事前の充分な打ち合わせが必要となります。
運営方法、スケジューリングは別途協議となります。


1チームあたり10名以下を基本とします。 ※個別の打ち合わせによります。
参加メンバー自らが主体的な運営をお行えるよう、グループをファシリテートします。


フォローアップ研修 個人毎カウンセリング、グループ研修、運営方法、料金等は別途相談の上。

「適性検査」社員の適性を分析する!
就業管理、社会保険関係など、企業の人事総務部門の業務は当事務所へご用命ください
お問い合わせはこちら